30代婚活に失敗しないための5つの心得

婚活中のアナタならもう試したはず・・!

チョット待った!アナタは自己分析ちゃんとできてる?
ちょっと気になるひとも、婚活初心者もとりあえずやっておきたい!

>>アナタだけの婚活アドバイスをもらう無料恋愛傾向チェック

30代婚活に失敗しないための5つの心得

 

あなたは婚活で失敗したことありますか?

 

婚活を始めても全員が全員すぐにうまくいくとは限りません。活動しただけチャンスには恵まれるようになるのですが、それでもチャンスを逃して失敗してしまうこともあるのです。

 

 

誰だって婚活するからにはできれば失敗はしたくないですし、30代に差し掛かった婚活女子ならなおさらその気持ちは強いはず。

 

 

少しでも婚活の失敗をなくすことは、それだけ成功の確率が上がるということ。

 

 

すでに婚活やっているひとも、今から婚活する30代も、失敗しないための心得さえ知っておけば
結婚までかかる期間を縮めることに繋がりますよ。

 

 

婚活の失敗を防ぐために

 

婚活に失敗しないための心得

 

心得その1 他の人と比較はしない。自分の幸せのために結婚すること。

友達が素敵な旦那さん、奥さんをゲットしたから自分も婚活を頑張るぞ!と気合をいれるのはいいことです。
しかし、自分の出会った人を友達や周りの結婚相手と比べるのだけはしないように気をつけましょう。
出会いはタイミングと二人の息が合うかどうか。長く幸せな結婚生活を手に入れるには自分が一緒にいて気が合う、安心できるパートナーを見つけることが重要です。
自分が仲良くなった友達も一緒にいて楽しいから友達になったはず。結婚相手も同じで、自分と気の合う人なら他人のことは気にしないように気を付け自分の幸せのためにパートナーを選びましょう。

 

 

心得その2 相手の良いところはプラス点をつけて探す。

相手の良いところを加点方式で探すようにしましょう。結婚相手を探すとなると相手をみる目も厳しくなりがちですが、実はそこが失敗への落とし穴だったりします。人は完璧ではないですからマイナスポイントばかり見つけるのは簡単ですし、悪いところばかり探していると自分自身の気分も落ち込んできます。
出会いを逃すような失敗を防ぐためには、相手のいいところを見つけたらプラスポイントをつけていく方式で考えるようにしましょう。

 

加点方式であれば相手のいいところに気づきやすくなりますし、ポイントが高い人が見つかったら自分の気分も上がります。自分自身のモチベーションもあげるためにも、プラスポイントをたくさん見つけれるように意識してみるのがコツ。これをやると、今まで気づかなかった共感できるところや良いなと思えるところが多い人が見つかりやすくなります。

 

 

心得その3 少しでも良い感じの人がいたらチャンスだと思うべし。

せっかくチャンスがあるのなら逃したくないですよね。というわけで、「この人話しやすいなぁ」「ちょっといいかも」と思える人がいたら「チャンスかも?」と疑うようにした方がいいです。
それはこのパターンで、「でも他にもっと良い人がいるかも・・」と考えてしまい、あとあと考えるとあの人が一番よかったとなる失敗エピソードはよくあるからです。

 

もし出会った人で少しでも良いなと思えるところがあれば、相手をもうちょっと知ってみようとする気持ちを持つことは大切。そういう人とはもう少し交流してみるようにすると取り逃がしの失敗を防ぐことができます。

 

 

 心得その4 自分も相手から選ばれていることを念頭におく。

婚活するときは選ぶ側ではなく、自分も選ばれているということも頭に入れておきましょう。
自分の結婚相手となると、「どんな人が良いかな?」「こんな人が良いなぁ」と選ぶことばかりに気がいきがちですが、自分が選んでいるように相手にだって選ぶ権利はあります。
結婚とはスーパーで食材を選ぶのとは違い、一方的に選ぶものでなく人と人のつながりから成り立ちます。失敗しないためには少しでも多くの人に気に入ってもらえるよう、自分自身を客観的に見ることも忘れないようにしたいものです。

 

 

心得その5 とりあえず婚活の期間を決める。

婚活するならダラダラしないよう、短期決戦でいくつもりでとりあえず期間を決めるのが早く結果を出すコツ。これは婚活に限ったことでなくどんなことでもそうですが、早く結果を出したいと思ったら期間を決めると自然と目標に向かって行動するようになります。

 

自分の中だけで期間を決めると怠けてしまうという人は、
友達や家族などに宣言しておくと程よいプレッシャーを自分にかけることができますよ。
今まで通りぼんやりと「結婚したいなあ」とだけ思っていても結婚はやってきません。待っていてチャンスが巡ってきたのなら今婚活をやらなければならない状況にはならないはずです。
とりあえず1年なら1年と期間を決めて婚活をはじめると、それに合わせて自分を動かすきっかけになるので、行動を促す意味でも目標設定はしておくと「時間を無駄にして失敗した・・」なんてことを防げます。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?すべての失敗を防ぐことは困難かもしれませんが、自分が気づいていなかったことを学べばそれだけ失敗の数も減らすことができます。はじめは失敗続きだったけれども、次第に婚活で成功できるようになった人たちの共通点は失敗から学んで改善したということです。

 

そんな先輩方のように失敗を活かしさえすれば、今度は逆に成功の確率がぐんと上がるのです。もっと言えば、失敗する前に今回お伝えした知識を活かしたり、失敗談や成功体験談などから学んでおくと効率がいいですね。
婚活は賢く効率的に、そして失敗さえも成功へと変えてやるという気持ちも持って望みましょう。

 

 

 

 

>>30代婚活で高望みはいけないの? 

 

時代と共に結婚相談所への見方も変化しています。

条件で探すなら結婚を真剣に考える人の中から
あなたの運命を変えるかもしれない”とりあえずの行動”

相談所の無料で簡単婚活サービス!