婚活で会社の先輩に相手を紹介して貰って失敗。

婚活中のアナタならもう試したはず・・!

チョット待った!アナタは自己分析ちゃんとできてる?
ちょっと気になるひとも、婚活初心者もとりあえずやっておきたい!

>>アナタだけの婚活アドバイスをもらうなら無料恋愛傾向チェック

婚活で会社の先輩に相手を紹介して貰って失敗。

 

私は外資系OLとして働いていた時に、集中して婚活をしたことがあります。
当時私は29歳で、5年間付き合っていた彼氏と破局してしまい、かなり焦っていました。
幸い職場は私よりも年上の人が多かったので、「誰かいい人がいたら紹介して下さい」と明るく婚活宣言をしていました。

 

 

当時の社長秘書の女性は50代でとてもやり手でした。他社にも顔が広く飲み友達が多く、しかも殆どが大手企業の管理職の男性ばかりでした。
その先輩女性が私のこをと気にかけてくれて、飲み友達の男性の会社で独身男性を紹介してくれる様に口をきいてくれたのです。つまりお見合いという形で婚活をすることになりました。

 

 

当日は先輩女性の行きつけの寿司屋で、個室を予約して貰いました。そこで先輩と私、先輩の飲み友達の男性とその部下の男性の4人で飲むことになったのです。
「ざっくばらんで気軽に話しましょう」ということで、先輩が気を遣ってくれて会話を盛り上げてくれました。その後バーに移動して相手の男性と隣の席に座り、色々と話をしました。

 

 

私は一応外資系OLですが、相手の男性は超大手企業の有望な若手社員ということで緊張していました。しかし、実際会って見ると優しそうな印象でとても素敵な人だと思いました。

 

 

私達は会社が近いことから頻繁に連絡を取る様になり、デートも3回程しました。
彼は仕事が忙しくて中々女性と知り合う機会がなく、女性慣れてしていない感じが好印象でした。
少しずつ親密な関係になっていきたいと思っていたのですが、一つ面倒だと思うことがありました。

 

 

それは、彼を紹介して貰った手前、先輩に現在の進行状況をいちいち報告しなければならない、という点でした。

 

 

口の軽い先輩社員。結婚を前提にお付き合いしたいけど・・

 

先輩はとても面倒見が良くて頼りになるのですが、噂好きで口が軽いのが困った点でした。
デートの報告をするとそれがそのまま社内に広がるので、悪いことをしている訳ではないのに周囲の目が気になって仕方ありませんでした。そこで私はなるべく先輩には二人のことは言わない様にしました。

 

 

デートをしたことは正直に言いますが、どこへ行ったのか、どんな話をしたのかまでは何となく誤魔化す様に務めたのです。
ところがそれでも先輩はデートの2〜3日後には詳しい内容を知っていたのです。
それは彼が上司に話して、それを上司が先輩と飲んだ時に話していたのでした。

 

 

その時には私達はそろそろデートレベルから一歩進んで、いよいよ結婚を前提にしたお付き合いを始めようとしていた頃でした。
私はモヤモヤと悩むのが好きではない性格でしたので、彼に「これからは二人のデートのことは上司に話さないで欲しい」と言ったのです。

 

 

すると彼は急に怒り出し、「恩人に対してなんて失礼なことを言う奴だ」と言い始めたのです。彼にとって上司は恩人であり、二人のことは何でも話すのが当然、ということでした。
私はその彼の態度を見て「これはうかつに結婚したら後悔する」と直感しました。
少しずつ彼との距離を置く様になり、3ヵ月後には先輩を通してお断りをしました。

 

 

婚活をする時には人を頼るのは良い方法ですが、後のことを考えると人間関係が面倒になる可能性もあります。
やはり婚活は一人でするか、第三者である婚活サイトのアドバイザーを頼った方が良いと学びました。

 

 

 

>>結婚相談所から真剣交際の相手を探す婚活時代 

 

時代と共に結婚相談所への見方も変化しています。

条件で探すなら結婚を真剣に考える人の中から
あなたの運命を変えるかもしれない”とりあえずの行動”

相談所の無料で簡単婚活サービス!