婚活は同時進行せよ!付き合うまでの交際期間と人数は?

婚活中のアナタならもう試したはず・・!

チョット待った!アナタは自己分析ちゃんとできてる?
ちょっと気になるひとも、婚活初心者もとりあえずやっておきたい!

>>アナタだけの婚活アドバイスをもらう無料恋愛傾向チェック

婚活は同時進行せよ!付き合うまでの交際期間と人数は?

 

同時進行は結婚までの近道!

 

時間がない!と焦りから婚活を始めたアラサーにとって交際のチャンスはできるだけ結婚にもっていきたいもの。

 

 

といっても相手も人間ですから、何回か交際しないとわからないお互いの性格や
こちらが好意を持っても相手から断られることだってあります。

 

 

そう、お互いをよく知るためや真剣交際で付き合うまでは
仮交際する(デートを繰り返す)ことも出てくるものです。

 

 

なぜ同時進行するのか?

一人のひととじっくりお付き合いするのは理想です。
「私は一途なので同時進行などしたくない。」という方もいるかもしれません。

 

 

しかし、それだと一人に対して時間がかかり交際期間が長くなってしまうので、
結婚を急いでいる方にはお勧めできないやり方です。
なぜなら、一人だけに時間を費やすと失敗した時のリスクが大きいからです。
 

 


実は婚活では付き合うまで、多くの方が同時平行的に何人か
複数人数とやりとりをするのは当たり前のようにされています。
もはや同時進行の複数交際は早く結婚するための立派な戦略なのです。

 

 

特に30代女性だと「結婚」と「妊娠」を望む方が多いので、ゆっくりしている時間があまりありません。
効率性を追求するとやはり複数人数のひととデートするなどの同時進行は必要なのです。

 

 

もし何人かの方と交際チャンスがあったなら、それぞれ複数の方とコミュニケーションをとってみて、自分と相性が合うのか?同時並行でもいいので見定めるのがいいでしょう。

 

 

同時進行の人数は何人がいい?

同時進行は2〜3人
 
ちゃんと付き合うまでは複数交際をするのであれば2〜3人くらいに留めておくといいです。
同時進行では何人かとデートの約束やメールのやり取りを行うわけですから、多すぎて見極めどころかスケジュールに追われるということがないように。
3人くらいなら、程よくコミュニケーションをとって相手のことを見極めるにはちょうどよい人数ですね。

 

 

同時進行するなら会員数100万人のyoubride(ユーブライド)

 

恋愛とは違う婚活。恋愛モードだとダメージを受けることも

 

仮交際がある婚活

恋愛と違って、婚活では同時に複数人数と
仮のお付き合いをする段階があるということは肝に銘じておきましょう。

 

 

デートを数回したからといって、それが結婚を前提とした本交際でない限り、
本気で付き合うまではまだお互いのお試し期間と思ったほうがいいのです。

 

 

二股、三股といったら言い方が悪いですが、
婚活アドバイザーも本交際までは複数人数とデートすることを推奨しております。
結婚相手の見極めや見切りをつけるには時間がかかるので同時進行は日常茶飯事なのです。

 

 

もちろん、本当の意味での二股交際(本交際の相手がいるのに他の相手とも交際している)は良くありませんが、付き合うまでは積極的に活動するのも大切です。

 

 

恋愛の世界では”浮気”になりそうな同時交際ですが、
婚活の世界には仮の交際の期間というものが存在するのでコレはごく当たり前のことなんですね。

 

 

それだけに、何回か会っているうちに本気の気持ちが湧いてきたら、
真剣交際の意思があることを相手から望まれるか、もしくは自分から聞く必要があります。

 

 

 

恋愛感覚だった婚活の失敗談も・・

まだ見極めの段階で、正式な交際にも至っていないのに今後の予定(クリスマスや年末などのイベント)を先に考えてルンルン気分でいたら自然に距離を置かれ、フェードアウトされて痛い目に合ってしまったという経験談もあるので気をつけましょう。

 

同時進行での体の関係は?仮交際期間では見切りは早めに!

 

同時進行での交際期間の目安

何人かの異性と同時進行で交際する際には、
遅くとも1ヶ月くらいで何もなければ早めに見切りをつけて次のステップに進むことも大切です。

 

 

会っているうちに自分の気持ちが固まったら
真剣交際したいのか?相性が合わないのか?相手に告げるようにしましょう。

 

 

このときダラダラと相手の気持ちを待っている必要はありません。
気持ちのない相手であれば、余計な時間を使わずにどんどん新しい出会いを開拓したほうが早くいい人が見つかります。

 

 

相手のことを考えるあまり、進展の期待できない関係を続けるのは相手にとっても自分にとっても良くないことです。

 

 

体の関係について

 

婚活をしていると、もしかしたら互いに惹かれあい、
デートする相手との雰囲気によっては体の関係に至りそうになることがあるかもしれません。

 

 

しかし、まだ真剣交際前の同時進行などをしている場面では体の関係持たないようにしましょう。

 

 

なぜなら、初めて会ったその日に居酒屋に行って

 

「酔った勢いで誘われた」
「お酒の席から流れで・・」


というのは時間とお金の無駄に終わり進展しないことが多いのです。

 

 

結婚を意識した本命の関係を考えるのであれば、
そんな大切な人と初対面で体の関係を持つ必要はないのではないでしょうか?

 

 

セックスをしたからといって結婚に結びつくか?というと、そうではありません。
勢いで体の関係を持ってしまった後に二人の関係が微妙になることもあるのです。

 

 

体の関係を持つ前にすることは本交際をして結婚へ結びつけること。

 

 

デートをしてみて今後に繋がらないと感じたら、断りを入れてバッサリと見切りをつけることも時にはしないといけません。

 


正式な関係でない段階では、本当の本命を探すことに注力して、遊びの相手にはならないようにしたいものです。

 

 

次に、同時進行のメリットとコツも知っておきましょう!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

複数交際のメリットを活かして早めのゴールインを目指そう!

 

お付き合いを同時進行で進めるのは効率的な婚活を行うためでもありますが、それ以外にもいくつかメリットがあります。

 

婚活の同時進行のメリット

相手にジェラシー、ヤキモチを焼かせて気持ちをこっち側に寄せる効果がある

同時にデートを重ねることで、それぞれの性格・個性から比較しやすい

相手の良いところ、悪いところから自分の理想とタイプがはっきりしてくる

 

 

お互いに婚活をしているのであれば複数人数とデートをしていることを隠すのではなく、
むしろそれを逆手にとって嫉妬心を刺激することも効果的。

 

 

同時進行は婚活では自然なことなので、自分が他の人ともお試しに 会っていることや、相手にもそういう人がいるのか尋ねてみるといいです。
もしこっちに気があれば、ライバルに取られたくないと危機感を感じてアプローチしてくることでしょう。

 

 

それで身を引くようであれば縁がなかったと考え、
キッパリと見切りをつけて「時間を無駄にしないで済んだ」と考えること。
また、「他の人ともデートしたけどあなたと居る方が楽しい」などとアピールもできます。

 

 

同時並行的にいろんな人と会っていくうちに、自分がどのような人に惹かれるのか確信が出てきたり、実際に会ってみて初めてウマが合う人とわかることもあります。
反対に、最初はトキメキがあった人でもフィーリングが合わずにうまくいかなかったりということもあります。

 

 

同時進行するコツは婚活サイトの並行利用がお勧めです


婚活パーティーもいいですが、時と場所を選ばない婚活サイトで何人かとやり取りをはじめて結婚する成功例も意外と多いものです。リアルの婚活パーティーも参加しつつ、スキマ時間でネット婚活でもメールのやり取りを進めていくのがコツです。

 

同時進行をするなら、会員数100万人、年間2400人以上が成婚しているyoubride(ユーブライド)もおすすめ!会員数が多い婚活サイトから相手探しをするのが一番効率的ですよ。 

 

 

同時進行の目的は早く相性の合う相手を見つけて結婚前提の真剣交際に持っていくこと。
 
ここで「他にはもっといい人がいるかも・・」などと甘い期待を抱いていると相手が決まらずに歳だけ取ってしまうと状況はますます悪くなるので要注意。
 
早い段階でいい人がいたら直感的にアタックして逃さないようにするのも成功のコツです

相性の合う人を探すのは時間がかかるもの。
自分自信の気持ちの再確認しながらも同時進行で素敵な人探したいものですね。

 

 

 

 

◆オススメ記事
 
>>成功者が語る!婚活の焦り不安、どうしよう?を解消したい

 

>>やり方いろいろ!結婚したい30代の婚活方法 

 

 

時代と共に結婚相談所への見方も変化しています。

条件で探すなら結婚を真剣に考える人の中から
あなたの運命を変えるかもしれない”とりあえずの行動”

相談所の無料で簡単婚活サービス!